• HOME
  • 武蔵大学ラグビー部について
  • 試合結果
  • 年間スケジュール
  • 部員スタッフ

部員ブログ

残り僅か

2020年10月25日

韓国系サムギョプサル男子木村まさと君から回ってきました、常総学院の星
濱崎大幹です。
最初に、約四年間この部活に関わってきた私ですが今年で引退です。武蔵大学ラグビー部には、お世話になった方達が多くいて人間的に成長できたと感じております。後残り少ない時間を一生懸命頑張ります。
次は、どんどんどどんどん片岡善太に回したいと思います。

ネタが思いつきませんでした

2020年10月25日

副将、学生コーチ、そしてジャージ係まで幅広く役職をこなすマルチタスクな高橋くんから回ってきました、最近武蔵日記でインタビューを受けたおかげで、部員ブログのネタが無い小林ゆうやです。
ちなみに前回高橋くんが、「菅平もずっと同部屋」と書いていましたが、1年生の時は違う部屋でした。彼には虚言癖があるようです。お気をつけ下さい。
さて突然ですが、最近私の座右の銘が「基本は両面待ち」から、「明日やろうは馬鹿野郎」に変わりました。
異例に異例を重ねた今シーズン。ちょうど1年前、こんなことになろうとは誰が思ったでしょうか。私はその頃呑気に「来年の為に頑張ろう」とか思ってました。できることなら、今すぐ当時の自分をぶん殴って言ってやりたいです。「来年はねえよ」と。
しかし、過去を悔やんでも仕方ありません。残り僅かな期間ですが、そして最近肋骨にヒビが入りましたが、悔いの残らないように部活に励みたいと思います。さらに今は、来年の社会人生活を見据えて、部活の合間で資格勉強にも励んでいます。来年から座右の銘を「基本は両面待ち」に戻す為にも、今しかない時間を大切に過ごしていきたいです。
次は、今まさに私の目の前で同じく資格勉強に励んでいる分析リーダー小野くんに回したいと思います。

おれを育ててくれたもの

2020年10月18日

こんにちは、清水主務から回ってきました、
最近出会いと別れに敏感な学生コーチの
高橋海斗です。(詳細は省きます)

僕はちっちゃい頃の叔父の影響により
最新作「スカイウォーカーの夜明け」は
映画で3回、動画配信サービスで2回
計5回見るほどの、STARWARS好きです。
初めは
「おれもXウィング乗りてぇなぁ」とか
「もしやオレもフォース使えるのでは…」とか
「ライトセーバーは紫がいいな」とか
そんな事を考えていた高橋少年も
STARWARSの42年間に渡る壮大なストーリーや資本主義と共産主義の対比、作品の伝えたいメッセージ等を受け取る事が出来る位にまで成長する事が出来ました。

4年間に渡る大学ラグビーのストーリーも
残り数ヶ月。
僕を育てててくれた
親とラグビーとSTARWARSに感謝して
最後まで突っ走りたいと思います。

次は同じジャージ係として菅平もずっと
同部屋の小林宥也に回したいと思います。

May the Force be with you
(フォースと共にあらんことを)

テキヤのババア

2020年10月18日

9時練の時毎回のようにモーニングコールを要求してくるだるいキャプテン高杉くんから指名されました。4年木村です。
あっという間に10月も半分が過ぎてしまいました。
今年は全てが例年と違います。練習試合も合宿もありません。これがどれだけ大切だったことか。今まで経験してきたのでよく分かります。話は変わりますが、僕たちは3年前の入れ替え戦を経験した最後の代です。正直、あの時の、練習の雰囲気は2.3年で経験することはなかったと思います。一年だったからと言うこともあるかもしれませんが、独特のピリついた練習での緊張感は、未だに一年の時にしか経験できていないと思います。誰か1人がピリつくものでもないですし、ピリつくのが良いわけではないですが、自然とその雰囲気に作るのはなかなか難しいと思います。できる限り良い雰囲気で練習を行っていきたいと思います。ラグビーをやるのは今年で最後なので、出来る限り楽しみたいと思います。
次は濱崎くんに回したいと思います。

2020年度主務挨拶

2020年10月10日

私、2020年度ラグビー部主務を務めさせていただきます清水翔太(しみずしょうた)と申します。

新年度スタートと同時に文面ではありますがご挨拶するべき所、
遅れてしまい誠に申し訳ございません。
昨年度主務の三浦さんを微力ながらサポートさせていただき、今年度は主務としてチームのマネジメントに携わる事となりました。
私自身、器用な人間ではありません。
ですが川田GM、森沢GM代行、コーチングスタッフの皆様、マネジメントグループのみんなの力を借りながらAグループ昇格に向け、
残り少ない現役生活、精一杯貢献します。

まず、先般の夏合宿援助金にかわる
「学生支援金」のご支援を賜り、
誠にありがとうございました。
多くの皆様のご支援から現役部員一同、
当たり前に活動ができている事の素晴らしさを改めて感じる事ができました。
OB・OGの皆様だけでなく、
お仕事の合間を縫って指導してくださるコーチングスタッフの皆様やマネージャートレーナー、そして1番近くで支えてくれる家族。
全てが当たり前ではないと個人的ではありますが、今回の支援金を通して、改めて感じる事ができました。
またその気持ちを伝える事も主務の仕事でもあると考えております。
グラウンドでも小さな事から声掛けを行い、チームのいい文化を残していければなと考えております。

コロナ禍の影響により、例年比べると満足にプレーできる状況ではありませんが、
Bグループ各校も同じ状況である事に間違いありません。
私達現役が精一杯今できる事に取り組み、
もう一度、入替戦に出場しAグループへ昇格する事が武蔵大学ラグビー部に関わってくださる皆様への「恩返し」に繋がると感じております。
チーム一丸となって今年度チームスローガンでもある「考動・継続」を続け、
頑張ってまいりますので、昨シーズンに引き続き今シーズンも皆様の応援、ご支援をよろしくお願いいたします。

次は今年度副将を務める、
最近出会いと別れに敏感な高橋海斗くんに部員ブログのバトンを回したいと思います。

お問合せ

ページトップ