• HOME
  • 武蔵大学ラグビー部について
  • 試合結果
  • 年間スケジュール
  • 部員スタッフ

部員ブログ

手紙

2018年10月18日

2年のお姉さん的存在であり、私をラグビー部に勧誘してくれた島田千寿花さんから回ってきましたタッチジャッジに憧れている2年マネージャーの諏訪部綺笑です。タッチジャッジについては一切触れずにマネージャーを務めようとした動機について真面目に書こうと思います。私の場合は、単に学生最後の4年間で自分を成長させ、何か残るものを作りたいという理由でした。そのため入部してからマネージャーとしてやるべき事、求められている事に対して自分には向いていないのではないか、ここにいる意味はあるのかなど多く悩む時もありました。しかし、マネージャーの先輩方、後輩、プレイヤーの皆さん、そして何より同期のみんなと多くの時間を過ごし、親しい関係になるにつれ次第に楽しさや充実感を感じることができ、今は本気でプレイヤーを支えたいという気持ちが強くなりました。そう思せて下さったみなさんには感謝してもしきれないです。入部してからスポーツの素晴らしさ、ラグビーのかっこよさ、継続することの大切さを実際に目で見ることが出来るという貴重な経験ができて改めて入部して良かったなと思っております。
そして私事ですが来年は韓国に留学する為、今シーズンをもちませて休部させて頂きます。1年間部活から離れるのに対して寂しさや不安がありますが、自分が選んだ道なので将来に大いに役立つ有意義な時間を過ごし帰国できるように頑張りたいと思います。マネージャー業に関しては癖の強い、いや癖の塊でしかない同期2人が引っ張って行ってくれると思うので全く心配していません。留学に関して快く受け入れ背中を押してくれたこの2人には特に感謝しています。次は、同期1歯が大きく、集合の時には険しい顔になりがちな辻智世さんに回したいと思います。

来世はロックになりたい

2018年10月15日

ウイルスに負けた高橋くんから回って来ました。2年生のお姉さんこと島田千寿花です。いざブログが回ってくると何を書けば良いかわからないものですね。さて、マネージャーをしててよく聞かれる「何でマネージャーになったのか」という問いにここでお答えしようと思います。私個人の動機ですが、「近くでラグビーを見れるのが楽しそうだったから」です。最初から支えたいという気持ちがある人もいるかも知れませんが私の場合、「プレーヤーを支えたい」という気持ちは時を経て芽生えて来ました。プレーヤーは、時に、プレーするのは楽しいけど俺だったら絶対マネージャーにはならないと言います。言ってしまえばマネージャーとは裏方作業です。表には見えないところでの大変な仕事も山ほどあります。もちろん、上手くいかなかった時、疲れてしまった時、何のためにマネージャーをしているのかと考える事もあります。でも、2年生になってから同期から「いつもありがとう」とたま~~~~~に感謝を伝えてもらえる事がありました。そんなひとことがとんでもなく嬉しかったりするわけです。別に感謝がほしくてやってるわけではないのですが、やはりコミュニケーションですから、ないよりはある方が良いわけです。哲学ですね。小難しい事も書きましたがマネージャーに支えたいと思わせてるプレーヤー達もすごいということです。話は変わりますが、私は女子ながらにプレーヤーからLOにむいていると言われる体格に恵まれました。来世では女子ラグビーでぶいぶい言わせたいと思います。次はタッチジャッチに憧れる人生山あり谷あり山真っ只中、諏訪部綺笑さんにバトンを回したいと思います。

ウイルス性胃腸炎

2018年10月12日

縁日の屋台ではちまきしてそうな木村くんから回ってきました、TKこと高橋海斗です。私は先日、ウイルス性胃腸炎にかかり高熱と下痢で生死の境をさまよっていました。そのせいで学校と部活を1週間ほどお休みしていましたが、今はもう完治しています。まだウイルスを持っているんじゃないかと疑ってくる同期もちらほらといますが、、、。さて、ラグビーは紳士のスポーツと呼ばれていますが、なぜでしょうか。私が思うにプレーの質に必ず人間性が出るからだと思っています。雑な人間はラグビーでも雑なプレーをするし、無責任な人間はラグビーでも無責任なタックルをします。人間性が必ず出ると思うのです。相手をリスペクトし自己犠牲の精神で味方のためにボールをつなぐ、そういう心を持った屈強な15人が行うスポーツ。それが紳士のスポーツと呼ばれる由縁ではないでしょうか。私はラグビーを通じて、「紳士」の言葉に見合うような人間性を目指していきたいと思います。次は我ら同期の姉御肌、島田千寿花さんに回そうと思います。

テキ屋

2018年10月11日

最近、ヘルメットを盗まれた脳筋小林陸から紹介されました武蔵のテキ屋こと木村将人です。
ちなみに武蔵に来るまでこのあだ名をつけられたことはなかったです。ちゅうさんにもテキ屋と呼ばれるぐらい浸透しています。
先日、成城さんに勝利することができ、一勝一敗一分となりました。この勢いに乗り残りの4戦も武蔵らしく戦っていきたいと思います。とは言ったものの自分自身ケガが多く、なかなか思うように試合に出れていません。今年だけでも3回怪我人になっています。リハビリもキツいですがリハのみんなで声をかけ合いながら頑張っています。リハの雰囲気がチームの雰囲気を壊しがちといわれる時があるので、自分のやるべきことを集中して雰囲気よくやっていきたいです。
またHOからFLにコンバートされて1年が経ちますが他のFLよりも体重が重く運動量が少ないと思うので身体を絞り、キレをだして上のチームに絡めるように頑張っていきたいです。
次は孫のTKこと高橋海斗くんに回したいと思います。

脳筋

2018年10月08日

誰もが認めるウルトラナイスガイ高杉内俊哉君から回ってきました、脳筋こと小林です。私はたまに周りからいい声だと言われることがありますが、自分では全くそのように思ったことはありません。むしろ試合中に声が通らないしカラオケで高音は出せないしで悪いことだらけです。また私は脳筋と呼ばれていますが、それに関しては悪い気はしません。某SNSで脳は筋肉、体も全て筋肉。つまり俺は全身が脳でお前より賢い。という記事を見ました。あぁいい!素晴らしい理論だと私は思いました。みなさんも脳筋と呼ばれるまで筋トレをし、全身を脳にしてみてはいかがでしょうか。そうすれば全員が賢くなれると思います。大真面目です。先日成城大学と試合があり今シーズン初勝利を収めることが出来ました。上智大学は引き分け、東京大学は負けという悪い流れだったのでここで勝利しこの流れを断ち切れたのはチームにとって素晴らしい一歩だと思います。このまま勝利を積み重ねていき、入れ替え戦まで行きたいですね!そのためには練習から全員が気を引き締め、後悔のないような練習にしなければなりません。私は上智大学戦に出させていただきましたが、自分の実力を充分に発揮出来ませんでした。なのでもしこれから試合に出させていただくような事があれば自分の力を120%出し切りチームに貢献していきたいです!長くなりましたが最後まで見ていただきありがとうございました。次は見た目は的屋、ラグビーセンスは1級品の木村将人君に回したいと思います。

お問合せ

ページトップ