• HOME
  • 武蔵大学ラグビー部について
  • 試合結果
  • 年間スケジュール
  • 部員スタッフ

監督ブログ

本当はプレーヤーになりたい

2018年10月23日

皆さまこんにちは。はじめまして。
触り心地がくせになるまん丸おでこの持ち主、諏訪部綺笑 から回ってきました。2年マネージャーの辻 智世です。私は小学生の頃から高校までずっとバスケットボールをやっていました。なので、練習に行きたくない気持ちも、フィットネスをやりたくない気持ちも、痛いくらいよくわかります。しかし、プレーヤーの皆さんが声を出して辛い練習をみんなで乗り越える姿を見て、懐かしさと同時に頑張れって応援したくなる気持ちになります。そんなチームってなんか素敵ですよね!あまりにも素敵すぎて私もラグビーやりたいな!って思うことばかりです。笑
私は強いチームになるためには、プレーやマネジメント以前に身だしなみや物の使い方、挨拶などが大切だと思います。夏の成蹊との試合の際、成蹊のベンチは、靴や荷物、ボール、ジャージなど乱れる事なく綺麗に並んでいました。プレーやマネジメントだけでなく、そういう面で圧倒されてしまったと思いました。来年からは私と千寿花がマネージャーでは最高学年になります。今までみたいに先輩たちに甘えまくっていられる状況ではありません。今四年生がやっていることを来年私らがやると思うと不安に押しつぶされそうになります。3年で任されるのはプレッシャーもありますが、身の回りも含め、私に出来ることを確実にこなし、マネジメントも進歩させてしっかりと部を支えられるように頑張ります。前に、忠さんに「強いチームはマネージャーがしっかりしてた」と言われたことがあります。なので、私たちもそう言ってもらえるように一生懸命ガムシャラにがんばります!!!!次は、私と笑い方がそっくりだと言われている、可愛い弟的存在の柴田むつきに回します。

コメントは停止中です。

«

»

お問合せ

ページトップ