• HOME
  • 武蔵大学ラグビー部について
  • 試合結果
  • 年間スケジュール
  • 部員スタッフ

監督ブログ

喜びを共有する為に

2018年07月10日

自称一人っ子の嶋田君からご指名をいただきました、4年の村山脩です。

春シーズン全体を通しての結果は決して良いものとは言えず、私達としても納得のいく結果ではありませんでした。しかし、試合を通して経験した事柄は9月から始まる公式戦に必ず活かせる事ができます。

その為に春シーズンの反省点を部員全員で共有し、チーム、個人の改善点を明確にして夏の強化期間に臨みたいと思います。

私個人、反省点の一つとして「指摘」を挙げたいと思います。

最上級生として部員の指導に当たらなければならない私が「指摘」をする時に”甘さ”を見せてしまった事が部員の成長を阻んでしまったのではないかと考えた為です。

具体的にはミスをした部員、練習に取り組む姿勢が悪い部員に「指摘」をする際、言葉を和らげしまう。または、気がついてても「指摘」しない事が何度かありました。

この様な”間違った”気遣いが原因で部員の成長や、競技に真剣に取り組む雰囲気を作ることが出来なかったと反省しています。本当の気遣いとは成長を促すために

多少言葉がキツくなろうともハッキリと「指摘」する事です。これまでの先輩方はこうした厳しくも愛(?)のある「指摘」をしてくださり、それを受けた私達も大きく成長する事ができました。

なので、私も偉大なる先輩方を見習い、これからは気づいた事はハッキリと「指摘」する事を徹底したいと思います。もちろん愛を持って。そして、周りの部員のみんなも私にハッキリと「指摘」

をしてください!(ただし、私は硝子のハートの持ち主なので、できれば多大な愛をもって「指摘」してくださる事を切に願います。)

こういった”甘さ”を取り除いて行く事が、昨年以上の結果を残す第一歩となります!厳しい状況を乗り越え、チーム全員で勝利の喜びを<<共有>>する為にみんなで頑張りましょう!!!!

春シーズンでは多くのご声援、誠にありがとうございました。秋から始まる公式戦にて成長した姿をお見せできる様、チーム一丸となって活動に取り組んで参ります。

引き続きご声援の程、よろしくお願い致します!!

次はある集団に愛を注ぐ、イケメンタックラー菊池君にバトンならぬ、ペンライトを回したいと思います!!

コメントは停止中です。

お問合せ

ページトップ