• HOME
  • 武蔵大学ラグビー部について
  • 試合結果
  • 年間スケジュール
  • 部員スタッフ

監督ブログ

人間性

2018年05月16日

やるときはやる男、金田から指名されました、今年度副将を務めています田中翔です。
皆さんもご存知の通り、昨年武蔵大学ラグビー部は対抗戦Bグループを2位という成績で創部史上初の入替戦に出場することが出来ました。
しかし、今年度に入り3ヶ月が過ぎようとしていますが、未だに練習試合での勝利を掴むことが出来ておりません。
このような結果になる原因は、実力などではありません。練習に対しての取り組み方や、目標を達成する意識の低さが原因だと思います。
このような原因を一から考えて見つめ直すと、辿り着くのが『人間性』になります。
私生活の面でいうと、「物を大事にしない。」「あの人がやってくれるから自分はやらなくていいや。」「自分が良ければなんだっていい。」
こんな考え方をしている人は、社会に出ても通用しません。自分は社会人ではありませんが。
このような行動・態度というのはラグビーの試合で必ず出ます。もう少し部員のメンバーには、そのような小さなことから見つめ直して欲しいと思います。
色々と書きましたが、もちろん現在は部員全員が勝利を求めて上を見て歩いています。
先日ミーティングを行い、気持ちが入ってくれていることだと思います。
OBの方々、保護者の方々、武蔵を応援していただいている方々、皆さんの応援が私達の力になります。まだ、良い結果は出せていませんが、必ず良い結果を出します。なので、皆様、ご支援・ご声援の程よろしくお願いします。
共に勝利を分かち合いましょう。
次は、帰宅のときに一緒に帰る清家泰地です。

コメントは停止中です。

お問合せ

ページトップ