• HOME
  • 武蔵大学ラグビー部について
  • 試合結果
  • 年間スケジュール
  • 部員スタッフ

監督ブログ

道の途中で

2014年01月14日

電車の中で小耳に挟んだ話です^^

 

人とはどうやら「意識」と「行動」が一致しないと気持ち悪い生き物らしい。

 

曰く、

 

望ましいのは、「意識」に「行動」が合わさることなのだと。

 

例えば、自分の思った通りのプレーができる。

 

優勝というチーム目標を達成する。

 

と考えると、確かにその通りだなと唸づけます。

 

ところがどっこい^^;

 

人は往々にして「行動」に合わせて「意識」を変えてしまうことが多いから厄介なのだと。

 

思う通りのプレーができないのは、相手のプレッシャーが強いから仕方ない…

 

優勝を目標に掲げたけれども、今のチームの状態では難しい…

 

と言うように、現状のパフォーマンスを基準に「意識」のレベルを下げてしまいがちなのが人の常のようです。

 

いわゆる「妥協」というヤツです。

 

社会生活において「妥協」のすべてが悪いとは思いませんが(笑)、勝ち負けの結果を競い合うスポーツの世界として考えた場合、やはり「妥協」は肯定されるべきではない要素と前提すべきなのでしょう。

 

最初に掲げた「意識」が高ければ高いほど、取るべき行動の質と量は増えるはずです。

 

決してその「意思」が揺らぐことのないように一年間を通したならば、「行動」が結果を導いてくれると信じることが大切ではないかと思います。

 

毎年チームがシーズンに入る前に掲げるチームスローガンと目標とは。

 

今年のチームが一番の拠り所にすべき最も大切なものであり、道の途中、チームが迷った時に立ち返る場所であるということです。

 

何気ない通勤途中の電車の中での出来事から思いを巡らせて。

 

コメントを残す

WP-SpamFree by Pole Position Marketing

お問合せ

ページトップ