• HOME
  • 武蔵大学ラグビー部について
  • 試合結果
  • 年間スケジュール
  • 部員スタッフ

監督ブログ

自分自身

2013年06月12日

私が勤務する会社に以前『用語集』というものがありました。


当社がまだファミリーレストランを全国展開していた時代。


「言葉を統一すると、意識が統一され、動作が統一される」と教えられました。

 

全国どこでも同じレベルのサービス、味を提供してこそのチェーンストア。

 

お店で働く誰もが同じ認識をもって、一定以上の作業レベルを習得するためのツールとして必要なものでした。

 

そこに「チームワーク」という用語がありました。


「チームワーク」とは、「単に仲間同士が助け合うことではなく、先ず第一に自分が与えられた責任を果たすこと。その上で、仲間をサポートすること。」(原文のままではありませんが。)と。

 

ラグビーでも同じだなと思います。


1対1の局面でしっかりタックルを決める。


ボールを持って相手に当たった後は丁寧なダウンボールをする。


タッチキックは、


スクラムのフッキングは、


ラインアウトのスローイングは、キャッチは…


先ずは自分がやるべき役割を全うすることが、次のプレーヤーが取るべき行動に連鎖していくわけです。


そして、一人一人の責任を果たすプレーこそが仲間の信頼を生み、真のチームワークに繋がるのだと思います。


先ず何より向き合うべきは、自分自身。


基礎体力のさらなる向上を。


基本スキルのさらなる精度向上を。

 

2013年チームスローガン「ONE」の「O」は、「Onself」(自分自身)に「Overcome」(打ち勝つ)の「O」でもあります。

コメントを残す

WP-SpamFree by Pole Position Marketing

«

»

お問合せ

ページトップ