• HOME
  • 武蔵大学ラグビー部について
  • 試合結果
  • 年間スケジュール
  • 部員スタッフ

監督ブログ

向き合う

2013年12月22日

「向き合う」

 

何の目的で?

 

誰が?

 

誰と?

 

先日、NHKで「プロフェッショナル仕事の流儀」にイチローが出演した番組を見ました。

 

これまで世界で二人しか成し得なかった4000本を超えるヒットを日米通算で打ったイチローですが、それをインタビュアーに問われたイチローの答えは次のとおりでした。

 

「4000本のヒットより、失敗した8000本の打席に向き合う自分に価値を感じる。」

 

「失敗と屈辱を体に刻み込むこと。」

 

その悔しさの体験こそが成功に繋がるのだと。

 

「敵は他では無く、自分自身」

 

「野球はチームスポーツだけど、大切なのは個なのだ。」

 

テレビでは、いまラグビーの大学選手権のセカンドステージが繰り広げられています。

 

武蔵ラグビーは、今シーズン、十分に失敗と屈辱は味わいました。

 

今日テレビの向こうでゲームをしている側のより近い場所に立てるチームになるために。

 

何が不足で、何が必要なのか。

 

選手だけではありません。

 

選手達のベストなパフォーマンスを引き出すために、どのようなサポート体制を組むべきか。

 

いま向き合うは、まさに来季に向けた武蔵ラグビー関係者のそれぞれの「自分自身」なのだと思います。

 

コメントを残す

WP-SpamFree by Pole Position Marketing

お問合せ

ページトップ