• HOME
  • 武蔵大学ラグビー部について
  • 試合結果
  • 年間スケジュール
  • 部員スタッフ

監督ブログ

努力がツキ(運)を呼ぶ

2016年01月26日

平成28年仕事始めの朝礼にて「ツキや運を呼び込むのも努力次第。」との上司からの言葉があった。

 

要は「今年も一年間目標達成に向けて努力せよと」の業務命令でもある(笑)

 

今になって「なるほどな」と思った。

 

1月24日(月)に観客席満員の秩父宮ラグビー場で行われたトップリーグ順位決定戦、パナソニックと東芝の試合。(27-26でパナソニックの勝利)

 

後半タイムオーバーのホーンが鳴り、プレーが途切れたらノーサイドという状況から東芝の反撃。

 

そしてキックパスから生まれたトライ。(トライ後のゴールが外れ逆転ならず。)

 

ボールがタッチ側に転がればノーサイドになる“ラッキーバウンド”でもあった。

 

しかし、このキックのシーンに繋がる東芝の連続攻撃に転じさせたのは、パナソニックのアタックをモールパイルアップにさせ、ターンオーバーした東芝のディフェンス。

 

それを支えたプレーヤーのフィットネス。

 

今シーズンの努力の蓄積無くして、あのバウンド、そしてあのトライは生まれなかった。

 

「努力がツキ(運)を呼ぶ」

 

ビジネスに、ラグビーに、すべてに通じるもののようだ。

コメントは停止中です。

お問合せ

ページトップ